きまたまジャーナル

オーロラの海に浮かぶ氷山と、アーモンドの花冠

再会

f:id:kimatamajurnal:20230205133627j:image

20年にわたりお世話になっていた教会へ、久しぶりに挨拶に伺った。お土産は東京チューリップローズの詰め合わせ。

 

私たち夫婦と子どもたちの近況などを牧師に打ち明け、しばし談笑。そののち、訪問の目的は、これまでの感謝を改めてお伝えすることと、教会を出るにあたり少なからず痛みを与えてしまったことのお詫びであると明かすと、牧師は黙って耳を傾けてくださった。

 

せめて立派に何かを成し遂げて、みなさんへの証としたいと思っていたけれど、現状はこうです。そんなふうに言うと、次第に牧師の目に涙が浮かんだ。牧師自身の人生にも、あれからさまざまな紆余曲折があったのだという。

 

そして最後に、今日の話についての率直な感想と、私たち家族のための励ましと祝福の祈りをして送り出してくださった。

 

人生に訪れるあらゆる苦難や災いが、私たちを砕き、正直な者へと作り替えていく。叶わなかった夢のかけらが、ゴツゴツと固く無骨なだけの私たちを削り、滑らかで丸みを帯びたかたちへゆっくり整えていく。そんなことを感じたひととき。

 

試練は、けして呪いではなく祝福なのだと思う。神様のこころを知って、少しずつでも行うことができるように、天から注がれる親心なのだと。

扉の中へ招かれて

今週のお題「かける」

f:id:kimatamajurnal:20230203190033j:image

 

昨日の夕方、ついに新しい扉がひとつ開いて、息子1は思いがけない方向へと進むことになった。

 

私たちは、自分の感覚・自分の直感のようなものは、あまり信用しない。それにもかかわらず、眉唾でいようとする心の中に、なんとも言えない平安と感謝とが広がっていく。

 

長い2週間だった。

 

私たち家族の3年間の取り組みは、ただの惨めな失敗には終わらなかった。その価値を分かる理解者が3人も現れ、名指しで私たちを選び、歓迎してくれた。

 

提示されたのは、想像以上にインフラの整った道。はじめから望んでいたコースではなかったから、「え、こんなところに近道が?」と家族はみな戸惑い、驚いた。

 

新しい扉は、教会からわずか100歩の距離にあった。あたかも最初からそこに用意されていたかのように。すべてを懸けて、これでもうすべてを失ったと思ったのに、別の希望と別の力が両手のひらに何倍にもなって押し戻された感じ。

 

来週月曜日から、息子1はその扉の中へと進んで行く。皆でひざまずいて祈る、小さな日々が始まる。神様は本当にあわれみ深い方だ。

 

 

真夜中の黙想

f:id:kimatamajurnal:20230201145933j:image

2019年8月28日 徹夜の祈りの中で考えたことメモ。

 

神はまっすぐで豊かな情緒を持つ方。

私の喜怒哀楽をゆるされる方。

 

私の魂が「深く恐れ」てもオッケー。

体が「もだえ」てもオッケー。

「悲しすぎて死にそう」と言うのもオッケー。

「だから祈って」と頼むのもオッケー。

エス様がそうだった。


けれども、たった一人でひれ伏して状況改善を願い、

「神にできないことはない」と信頼を告白し

自分の正直な思いを述べ、

「あなたの心のままに」と委ねて手放す。

それがイエス様の偉大さ。

 

 

 

"ゲツセマネという所に来て、イエスは弟子たちに言われた。「わたしが祈る間、ここにすわっていなさい。」

そして、ペテロ、ヤコブヨハネをいっしょに連れて行かれた。イエスは深く恐れもだえ始められた。

そして彼らに言われた。「わたしは悲しみのあまり死ぬほどです。ここを離れないで、目をさましていなさい。」

それから、イエスは少し進んで行って、地面にひれ伏し、もしできることなら、この時が自分から過ぎ去るようにと祈り、

またこう言われた。「アバ、父よ。あなたにおできにならないことはありません。どうぞ、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願うことではなく、あなたのみこころのままを、なさってください。」"

マルコの福音書 14章32~36節

2%しかいないらしい。

f:id:kimatamajurnal:20230201183837j:image

 

ふらりと立ち寄ったよその方のブログで、【MBTI診断】の記事を読んだ。MBTIは、いわゆる性格テストで、ユングによる16分類のどれかに自分が当てはまるというもの。

 

 新卒の時、これやらされたわー

 しかもまったく無関係な配属だったわー

 (心の声)

 

https://www.16personalities.com/ja/%E6%80%A7%E6%A0%BC%E8%A8%BA%E6%96%AD%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88

 

⇧さっそくweb診断を受けてみると、結果はINFP-T。うん、たしかあのときもそうだった。内気で繊細で思いやりがある性格。真の理想主義者。INFPは全体の2%と、きわめて少数派らしい。でもブロガーには多そう。

 

INFP-Tってどんな性格だったっけ、とネットでさらに検索してみると、

「INFP-T クズ」

とか

「INFP-T 日本 合わない」

とか出てきて怖い。なんでなの。読んだら勝手に落ち込みそう。くすんくすん。

 

f:id:kimatamajurnal:20230201184407j:image

https://reashu.com/infp_tekishoku/

 

⇧就活サイトもチラッと覗いてみる。ここに出てくるおすすめ職業はドンピシャで、なんだか嬉しい。自分をわかってもらった気分。

 

f:id:kimatamajurnal:20230201184337j:imagef:id:kimatamajurnal:20230201184341j:image

 

同じタイプの方がいらしたら、ぜひコメントください。ブログを拝見しにいきます。

 

2%と2%の人が出会う確率って、かなり奇跡な感じしませんか?(計算できない)